ブログ

お知らせ

子宝(妊活)の基本 1

4月から不妊治療に健康保険が適用になり、治療に踏み出したカップルが増えています。

インターネットで多くの知識を得て受診している方がほとんどと思いますが、基本的な部分をおさらいしておきましょう。

*妊娠率は35歳をすぎると妊娠能力は急激に低下します。みゆ己薬局に相談に来られる方の平均年齢は39歳ですが、30代前半で来られる方は、やはりとても早く妊娠されます。

*40歳以上では妊娠率の低下に加え、流産率がとても高くなり、体外受精をしても40歳での出産率は8.8%、45歳では0.8%という、とても厳しい数値となっています。

2017妊娠率(クリックしてください、グラフが見られます)

*この主な理由は、卵子の老化によるものです。卵子の老化は、ホルモンのバランスと関係しています。ホルモンの受容体の働きを活性化する糖鎖製品や、漢方薬が効果を上げてくれます。

*精子が原因で妊娠できないカップルも全体の半数近くいます。精子濃度など、普通に測定するデータでは異常はなくても、年齢が上がってくると30代後半から、また、喫煙、食生活などの生活習慣などによりDNAの損傷が進んで、見た目のデータは良くても妊娠させにくくなります。

*タイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精と段階を追って進んでいく場合が多いですが、漢方薬、糖鎖製品、栄養補助剤を併用することで、妊娠しやすい母体環境、精子の状態を作り、妊娠率を3倍近くあげる事ができています。

妊活は年齢との競争でもあります。早いうちからの併用を考えましょう。

夏休みのお知らせ

毎日、とても暑い日が続いていますが、お元気にお過ごしですか?

みゆ己薬局の夏休みを

11~16日に取らせていただきます。

休み中も宅配のご注文は留守番電話でお受けしています。思い立った時にご連絡ください。

公式LINEでは、時間がかかるかもしれませんが、休み中もお返事しますのでご利用ください。

 

LINEの追加は、

LINEの「ホーム」画面の上の方、検索🔍欄に

みゆ己薬局   または  @tee4735w

と入れると、みゆ己薬局が出てきます。そしたら、下の方のトークを押してくださいね。

目のトラブルに漢方がおススメ

私達が受け取っている情報の8~9割は目から入ります。目を閉じて行動してみるといかに目に頼って生活しているかわかります。

緑内障は中途失明の一番の原因で、物を見る時に必要な視神経が傷ついて、徐々に見えない部分が増え、ついには失明してしまう病気です。眼圧が高いと視神経が傷つきやすいので、眼圧を下げる目薬を使いますが、目薬をさしていてもなかなか眼圧が下がらない人もいます。目薬をさすのをいつの間にか止めてしまう人も多いようで、目医者さんも嘆いていらっしゃいました。

私も一時期、眼圧が高かったので、血流を画期的によくして眼圧を下げるという流清伝七を試してみました。1カ月服用後には眼圧が下がっていて、目医者さんもびっくりされていました。

漢方系の物の中には、びっくりするほどの効果を示すものがあります。網膜色素変性症の人には流清伝七と他に2品服用をおすすめし、とても見やすくなり人にぶつかることがなくなったと喜んでいただきました。

疲れ目、目のカスミ、飛蚊症、ドライアイ、涙目や、加齢黄斑変性症、糖尿病網膜症、網膜色素変性症の人もお気軽にご相談下さい。目は肝臓、腎臓の働きとも関係します。

早めのご相談をお待ちしています。みゆ己薬局

ホームページリニューアルのお知らせ

このたび、みゆ己薬局のホームページをリニューアル致しました。

今後とも宜しくお願い致します。

 

ご予約はこちら